伊藤宏美の感動表現|カシオペアから真岡鉄道へ秋の旅

新しく仲間に加わったAT-X17-35mm F4 PRO FXを持ってはじめての撮影。

今回はAT-X17-35mm F4 PRO FX1本で真岡鉄道に行くことにしました。


ところが、真岡鉄道に向かう道中、「今日はカシオペアが来るぞ」と聞いてしまったので、

急遽予定を変更です。

迷うことなく、急いで蓮田に向かいましたが、到着すると、すでに撮影ポイントはたくさんの人でした。


この日はもっくもくの雲。

持っていたレンズも広角なので、雲をたくさん入れて撮影するために、横からの立ち位置に決めました。


①F9 1/1000 ISO200 27mm

カシオペアがやってくると、レンズの27mmでぴったりの編成!!

このレンズのファーストショットは、とても豪華なものになりました。


カシオペアの後は、

朝からご機嫌なまま、今度は真岡鉄道へ移動しました。

真岡鉄道沿線は、稲刈りも終わり、ススキや柿のある秋の風景に変わっています。

②F9 1/500 ISO200 32mm


晴れている日にぜひ、このレンズでぜひ、撮影したかった場所があります。

なんでもないこの場所は、すっきりとしていて大好きです。

煙は期待できませんが、雲が綺麗な日には、思い切って縦位置にしたくなるのです。

③F10  1/1000 ISO100 35mm

撮影してみると、はじめて使ったレンズでしたが、車両の1つ1つまではっきり描写されていて驚きました。解像力の高いレンズで、お気に入りになりました。


今度は、せっかくの秋なので、秋を探してうろうろして、たどり着いたのが、柿の木。

暖かい日だったので、

お昼は柿の木の近くでウトウトしながら、待ちました。

正面にお日様の当たる綺麗なところです。

④F8  1/800  ISO200  35mm


撮影していると、車内のハロウィンの様子がとても楽しそうに見えます。

つい、乗りたくなってしまい、

短い区間でも乗れないかな?と、思いつき、

そうなると、もう気持ちは、「回送に乗ろう!!」という事に。。。


折本駅から、久下田駅までの短い間ですが、乗車することにしました。

折本駅が、また、可愛い駅で、夕方に傾く光りの当たる秋から冬が特に好きです。

⑤F8  1/500  ISO100  28mm

持ち物は、カメラと小銭入れだけ持って乗車。

⑥F8  1/500  ISO200  32mm

乗車してみると、車内にはたくさんのハロウィンのお飾りが。

⑦F4.5  1/250  ISO400  32mm

やさしそうなおじさんの顔から、牙が生える絵が。

⑧F5  1/250  ISO400  32mm

⑨F5  1/500  ISO400  32mm


短い区間でしたが、乗車して、

最後は久下田駅にて、お見送りしました。

次回は、ゆっくり、お弁当とおやつを持って乗車したいです。


⑩F8  1/250  ISO100  35mm


新しいレンズが気に入り、たくさん楽しんだ1日でしたが、

今回、再撮したい場所も増えました。


季節も違えば、天気も違う、おなかいっぱいにならないのが、楽しいのですが、

満足なんて、絶対出来ない。

きっと一生、満足は出来ないから、ずっと楽しみは続くのです。


フルサイズでの広角レンズは、ごまかしがきかずにレンズの性能が即、画質に現れるものですが、このレンズは収差が少なく綺麗に描写できます。

大きく空を入れて車両を端に寄せた構図でも、電車全体をイメージどおりに写しこむ事ができました。広角の泣き所である四隅に近い部分も、くっきりと描写されていました。

夕暮れに撮影した最後のシーンの蒸気機関車も、日が暮れかけでも、シャドウ部の表現に優れているため、車両の質感を見事に表現できました。

伊藤宏美(いとうひろみ)

伊藤宏美(いとうひろみ)

プロフィール 東京都出身。旅行会社の撮影ツアーの写真講師。その場所に行ってみたくなるような鉄道写真を撮るために全国をめぐる。各地の名物、駅弁を食べて撮るのも楽しみな食いしん坊。日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター

AT-X 17-35 F4 PRO FX


AT-X17-35mm F4 PRO は超広角レンズでありながら画面の隅までとても解像度の高いレンズです。画面の全てを絵作りに使えるので、広い風景と列車を絡めるには最適です。