伊藤宏美の感動表現|リフォーム前の銚子電鉄を撮る

今回は、本銚子駅が24時間TV内でリフォームされると聞き、銚子電鉄にやってきました。

朝から、雨予報だったので、レンズは広角ズームから標準ズームまで撮影できるズーム比の高いAT-X 12-28 PRO DXに決めました。

撮影環境によってレンズ交換をするのが難しい状況では、このズーム幅はとても使いやすいです。

 

本銚子駅は築94年の木造平屋建てでとても渋い素敵な駅舎です。

待っていると、さっそく、この駅舎に似合う渋い車輌がやってきました。

 

◎使用レンズ:Tokina AT-X 12-28 PRO DX

 焦点距離:28mm 絞り:F/ 8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度3200

 

94年間、行きかう人たちを見送り、出迎えてきた改札口もだいぶ年をとっています。

駅舎にはすでに、リフォームのお知らせの張り紙が貼ってありました。

 

待合室の椅子にはダンボールが敷かれていて、

「ヒロミさんすてきな駅にしてください」などリフォームをするタレントのヒロミさんへのメッセージがたくさんありました。

メッセージだけを写しても、どこに書かれたものか伝わりませんが、

広角レンズを使い車輌を写す事で、駅だということが伝わります。

 

◎使用レンズ:Tokina AT-X 12-28 PRO DX

 焦点距離:12mm 絞り:F/ 10 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度1600

 

子供たちのメッセージや、可愛い絵、時刻表の書かれた黒板が貼られ、愛され大事にされてきたぬくもりのある待合室。

歴史ある本銚子の駅舎の良いところは残したリフォームになるといいなあと思いました。

 

◎使用レンズ:Tokina AT-X 12-28 PRO DX

 焦点距離:12mm 絞り:F/ 4 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度1600

 

この日も、素敵な駅舎を、リフォーム前にひと目見ようと、たくさんの人たちが訪れていました。

 

◎使用レンズ:Tokina AT-X 12-28 PRO DX

 焦点距離:28mm 絞り:F/ 8 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度1600

 

 

最後は外川駅に立ち寄りました。

今年は雨が続きましたが、この日も夜から雨降り。 

でも、ストロボを光らせる事で、真っ暗な夜空がキラキラと瞬いてくれました。

 

マルチコーティングのおかげで、駅舎の明かりが入ってもゴーストやフレアを軽減してくれるので安心して街灯や駅舎の光をアクセントに入れ込むことができます。

ピントをマニュアルで合わせて撮影する時、このレンズはピントリングに十分な幅があり、また回転に適度な重さがあるため、とても微調整がしやすかったです。

 

◎使用レンズ:Tokina AT-X 12-28 PRO DX

 焦点距離:22mm 絞り:F/ 4 シャッタースピード:1/4秒 ISO感度1600

 

 

 

伊藤宏美(いとうひろみ)

伊藤宏美(いとうひろみ)

プロフィール 東京都出身。旅行会社の撮影ツアーの写真講師。その場所に行ってみたくなるような鉄道写真を撮るために全国をめぐる。各地の名物、駅弁を食べて撮るのも楽しみな食いしん坊。日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター

AT-X 12-28 PRO DX


長年ご愛顧いただいた広角ズームレンズAT-X 124 PRO DX2 (12-24 F4)の後継機として、テレ側の焦点距離を28mmまで延ばし、2000万画素オーバーの撮像素子に耐えられるように新規設計を致しました。画面周辺部の解像度を向上させ、テレ側28mmの光学性能も見直しており、準標準画角もカバー。また、データに出にくいカラーバランス、ボケ味などにも配慮いたしました。常用広角スナップズームとして威力を発揮いたします。

この内容で送信します。よろしいですか?