馬場亮太の感動表現|FiRIN 20mm F2 FE AF/MFで撮った2018年


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/3.2 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:320

ついに2018年も終わり。本年も引き続き宜しくお願いいたします。今回は、昨年一年間撮り続けたFiRIN 20mmによる日常スナップの中から、掲載しなかった写真で1月から12月までを振り返ってみました(一部、その月に撮った写真がないけれど...)。昨年は途中からFiRIN 20mm F2 FE AFが新しい相棒として追加され、個人的には写真の方向性が少し変わった?気がしています。じっくり足を止めてピントと構図を追い込むMFに対し、目の前に洗われた瞬間を逃さないようにさっと撮ることができるAF。どちらも良いところはありますが、子どもの頃から落ち着きがないと言われ、街中をカメラを片手にうろちょろしている私には速射性のあるAFの方が合っている気がしてたりしていますが。。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:20mm 絞り:F/16 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100

1月、正月に訪れた妻の実家、青森県大鰐町にて。夜に降り続いた雪が止んで青空が見えた心地よい朝だった。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100

2月の羽田空港にて。シャープに写ったガラスに付いた雨粒を見て、この日も寒かったことを思い出す。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:20mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:6400

同じく2月に訪れた旧万世橋駅のホームへと続く階段。ISO6400と高感度だがざらつきは嫌な感じはしない。


◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:30mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:2000(APS-C)

3月の夜桜。MFでの近接、シャッタースピード1/20は個人的に手持ちでギリギリなんとか撮れる領域。

 

◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:30mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:1000(APS-C)

4月の中野駅。ちょうどFiRIN 20mm F2 FE AFが相棒に加わった頃。このペディスリアンデッキから見る中央線とガード下の光景が好きだ。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:3200

5月に撮影仕事で訪れた八丈島にて。いつも宿泊する親戚の民宿にある叔父の部屋は、本がたくさん、子どもの頃からほとんど変わっていなかったが、この秋に改築して今はもうない。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:800

6月に撮影した訳ではないけど、ちょいちょい行かせていただく中野の写真機居酒屋「tokinon50/1.4」の天井。来年はここで写真展をやるかも?


◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:30mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:320(APS-C)

7月の新宿。南口の甲州街道に架かる歩道橋から。新宿に行くとカメラ屋が多いこともあって、どうしても西口方面に足が向いてしまう。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:30mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:2500(APS-C)

8月に訪れた青森の妻の実家にて。庭でバーベキュー(この時は肉に加えて松茸も)をしても周囲を気にすることがないのはとても羨ましい。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:200

9月が間近に迫った8月末の八丈島にて。八丈小島の夕景はとにかく美しいので、2019年は八丈島にカメラを持って訪れてみてください。


◎SONY α6500(ILCE-6500)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:30mm 絞り:F/3.2 シャッタースピード:1/2500秒 ISO感度:100(APS-C)

飛んで11月の中野ブロードウェイ。裏通りの飲み屋街方面からしか見られない巨大でかっこいい中野ブロードウェイのロゴ。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:30mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100(APS-C)

12月に訪れた妙法寺(杉並区)の紅葉。スリットや金網越しに見える風景を切り取るのが好きです。


仕事も日常スナップも含め、日々毎日写真を撮っているので、過去に撮った写真を振り返ったりすることはあまりなかったので、これを機に1年の終わりには写真を見直し、整理しても良いかな、と。クリエイティブなものはどれにも言えますが、創作物を少し時間を置いたり寝かしてから見ると、印象や自分の中での評価が変わりますからね。2018年はFiRIN 20mm F2 FE AFが新たに加わり、日常スナップにより速射性とライブ感が加わった1年でした。今年もシャッターを切りたくなる刺激的な日常が訪れる日々が続くよう、そして皆さまに素晴らしい写真ライフが訪れますように。新しいFiRINの登場も期待しつつ、2019年も宜しくお願いいたします。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:30mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100(APS-C)

​​​​​​​12月末に撮った息子。8月に撮った最初のカットから随分と立派になってしまいました。

馬場 亮太(ばばりょうた)

馬場 亮太(ばばりょうた)

1973年東京都中野区生まれ、中野区在住。 デジタルコンテンツ制作会社にて企画・デザイン、ブライダルフォトスタジオでのカメラマンなどを経て、広告制作会社でのプロデュース、企画、アートディレクション、撮影等を経験後、2013年よりフォトグラファーとして独立。主に広告/カタログ/イベント/取材などのスチール撮影、アーティストのスチール/PV撮影、広告/Web/社内研修用映像等のプロデュース/ディレクションで活動中。主な使用機材はソニーα9/α7RIII/α6500。 Sony Imaging PRO SUPPORT所属。

FíRIN 20mm F2 FE AF


定評のあるFiRIN 20mm F2 FE MFの設計思想を受け継ぎ、オートフォーカスに完全対応されたソニーEマウント(フルサイズ)用広角単焦点レンズ。AF対応・大口径F2.0でありながら、高解像とコンパクト性を両立させ、距離情報の連動によるボディ内手ブレ補正にも対応し、日常を切り取るスナップから旅行、風景撮影、ポートレート撮影まであらゆるシーンで使いやすい性能を実現しています。同梱の花形フード(BH-623)以外に、別売の角型フード(FiRIN 20mm MFに同梱・BH-622)にも対応、用途によって使い分けることが可能です。

FíRIN 20mm F2 FE MF


ケンコー・トキナー初のソニーフルサイズEマウント(FE)対応レンズ。大口径F2.0の素直なボケと、広角20mmの歪みのない自然なパース感、レンズ周辺までしっかり解像される描写など、日常を切り取るスナップから風景撮影まで様々なシーンで活躍できる広角単焦点レンズです。電子接点付きで、MFアシスト(ピント拡大表示)や距離連動(手ブレ補正対応)、絞り値の表示など、ソニーα(Eマウントシリーズ)での使用に特化されているため、マニュアルフォーカスが苦手な方でも気軽に楽しめます。