馬場亮太の感動表現|FiRIN 20mm F2 FE AFで撮る八丈島への旅、その1。

◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100


つい先日まで猛暑だと思っていたのに気づけばすっかり肌寒くなり、秋も本番に入ってしまったので今更感がありますが、8月の最終週に訪れた八丈島への旅写真をどうしてもお見せしたく、しばしお付き合いください。このFiRIN 20mmの連載中に八丈島には何度も訪れていますが、今回はMFからAFのFiRIN 20mmが相棒です。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/40秒 ISO感度:3200

このブログの第1回目でも登場した竹芝客船ターミナルの広場にそびえるマストのオブジェ。この日は東京湾遊覧船を利用した浴衣の若者が集まっていた。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/2000秒 ISO感度:2500

三宅島・御蔵島・八丈島へと向かう橘丸に乗り込む客。大きなリュックと装備品から察するに登山が目的なのだろう。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:30mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:3200

竹芝から出発してすぐ、レインボーブリッジの下を甲板から望む。夕方に東京を襲ったゲリラ豪雨の影響か雲がまだ厚く残っていた。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:2000

橘丸の2等船室。かつて就航していた「すととれちあ丸」の2等はいわゆる雑魚寝で、区画が仕切られていなかったから、寝るスペースを確保するのも大変だったが、数年前に就航した橘丸は2等でも区切りがあるので快適になった。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:1000

22時半に東京・竹芝を出発した船が三宅島に着く4時半頃に起床。カメラを持って甲板に出た。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:320

まだ太陽が昇りきっていない朝の太平洋。雲と空のグラデーションが美しい。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:800

朝5時過ぎ、甲板にはまだ人はまばらだった。でも、朝日が美しいことを知っている人は早めに起きて海を眺めていた。八丈島への船旅の時は、ぜひあまり飲み過ぎずに早起きをおすすめします。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:320

三宅島の桟橋に着岸する直前の甲板より。左側に見えるお客さんもカメラを首からぶら下げていた。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/6400秒 ISO感度:100


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100

6時頃に朝日が昇り始めた。何度見てもこの時間帯の空気感はたまらない。早起きした甲斐があるというもの。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:800

三宅島の桟橋を離れる橘丸。カメラを甲板から外に出して撮影したが、小さいカメラと小さいレンズはこういう時に使いやすい。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/8000秒 ISO感度:100

AFのFiRIN 20mmを使うようになって、より気軽にスナップが撮れるようになった。八丈島に到着した最初のカットもボーディングブリッジを降りながら片手で撮影。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/5000秒 ISO感度:100

係留された橘丸のバックショット。ピンと張られたロープの途中あたりにピントを合わせて開放F2.0で撮ってみた。


八丈島に上陸したあたりのところで今回は終わり、です。正直、あと3回ぐらい分掲載できるぐらいの写真を撮ってきたのですが、どんどん季節が夏とかけ離れてしまうので、さてどうしたものかと思いつつ、少なくともあともう1回は八丈島の写真を続けます。ではまた次回。

◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:100

馬場 亮太(ばばりょうた)

馬場 亮太(ばばりょうた)

1973年東京都中野区生まれ、中野区在住。 デジタルコンテンツ制作会社にて企画・デザイン、ブライダルフォトスタジオでのカメラマンなどを経て、広告制作会社でのプロデュース、企画、アートディレクション、撮影等を経験後、2013年よりフォトグラファーとして独立。主に広告/カタログ/イベント/取材などのスチール撮影、アーティストのスチール/PV撮影、広告/Web/社内研修用映像等のプロデュース/ディレクションで活動中。主な使用機材はソニーα9/α7RIII/α6500。 Sony Imaging PRO SUPPORT所属。

FíRIN 20mm F2 FE AF


定評のあるFiRIN 20mm F2 FE MFの設計思想を受け継ぎ、オートフォーカスに完全対応されたソニーEマウント(フルサイズ)用広角単焦点レンズ。AF対応・大口径F2.0でありながら、高解像とコンパクト性を両立させ、距離情報の連動によるボディ内手ブレ補正にも対応し、日常を切り取るスナップから旅行、風景撮影、ポートレート撮影まであらゆるシーンで使いやすい性能を実現しています。同梱の花形フード(BH-623)以外に、別売の角型フード(FiRIN 20mm MFに同梱・BH-622)にも対応、用途によって使い分けることが可能です。

FíRIN 20mm F2 FE MF


ケンコー・トキナー初のソニーフルサイズEマウント(FE)対応レンズ。大口径F2.0の素直なボケと、広角20mmの歪みのない自然なパース感、レンズ周辺までしっかり解像される描写など、日常を切り取るスナップから風景撮影まで様々なシーンで活躍できる広角単焦点レンズです。電子接点付きで、MFアシスト(ピント拡大表示)や距離連動(手ブレ補正対応)、絞り値の表示など、ソニーα(Eマウントシリーズ)での使用に特化されているため、マニュアルフォーカスが苦手な方でも気軽に楽しめます。