馬場亮太の感動表現|FiRIN 20mm F2 FE AFで撮る東北への旅、その1。


◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:400

 

8月の頭に開催されるねぶた/ねぷた祭りに合わせて、家族で妻の実家のある青森県に行く計画を以前から立ててた今年の夏。巷が一斉に休みを取るお盆の1週間前ということもあって、なかなか私の休みを合わせることができず、しばらくねぶた祭りから遠ざかっていたこともあって、久々にねぶたの写真が撮れるぞ!(それもFiRINで!)と、ずいぶん前から心待ちにしていた。…にも関わらず、結局仕事が入ってしまい、どうしても東京にいないといけなくなってしまった。今回は車で盛岡まで家族を送り、新幹線で帰ってきた夏の1日の出来事をお届けします。


◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:100



◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100

東京から盛岡に向かう途中で立ち寄ったサービスエリアで見かけた自然。2枚目の蜘蛛の巣に捕まってしまったトンボの姿には娘も驚いていた。



◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/10 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:320

東北道で盛岡まで約7時間の移動後、青森の実家まで妻に子どもたちを託し、盛岡駅で別れた。この日の盛岡は雨だった。



◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/3.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100

盛岡駅のバスロータリーにあった柱のオブジェを下からあおって撮ってみた。南部鉄器をイメージしたと思われるドット柄の表面に小さな鳥が飾られていた。



◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:1000

帰りの東京駅までの新幹線まで少し時間があったので、せっかくだからと盛岡駅の中にあるものを撮ることにしてみた。まずはチャグチャグ馬コの大きな人形。



◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:500



◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:640

盛岡の夏祭り、さんさ踊りを表現した人形たちをアクリルケースにFiRINのフードをくっつけて撮影。和紙で作られたものらしいが、これだけの数があると壮観。あ、今年もねぶた見られなかったな、という現実を思い出しつつ。



◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:3200

盛岡駅のドアに描かれたイラスト。ここにもさんさ踊りが。



◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:1250

盛岡の伝統工芸、南部鉄瓶の巨大なオブジェ。表面のトゲのインパクトある姿をいかに伝えられるか?と何枚もアングルを変えて切ったうちの一枚。表面の質感もうまく収めることができた気が。



◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/3.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:200

この日は8/5の日曜日、盛岡駅は東北地方から東京方面に戻る人と、これからねぶたを見に行くでごった返していた。いよいよ東京に戻る時間が来た。結局、盛岡滞在時間は1時間ほど。


◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/3.2 シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:100

そして、いつもの中野に戻る。盛岡に比べると中野は相変わらず暑かった。


全く観光らしいこともできずに、車で家族を盛岡駅まで送り、新幹線で東京に戻る、という全く予想していなかった変則的な日帰りの旅。今年もねぶた/ねぷたが撮れなかったなぁ、とがっかりしたものの、たまたま訪れた盛岡駅をじっくり見ることができた今回もそれはそれで思い出の一つにはなりそう、かなと。翌週のお盆休みに改めて青森に向かったので、次回も引き続き東北の旅の続きをお届けします。もう少し夏らしい写真がお見せできるはず(!)。


馬場 亮太(ばばりょうた)

馬場 亮太(ばばりょうた)

1973年東京都中野区生まれ、中野区在住。 デジタルコンテンツ制作会社にて企画・デザイン、ブライダルフォトスタジオでのカメラマンなどを経て、広告制作会社でのプロデュース、企画、アートディレクション、撮影等を経験後、2013年よりフォトグラファーとして独立。主に広告/カタログ/イベント/取材などのスチール撮影、アーティストのスチール/PV撮影、広告/Web/社内研修用映像等のプロデュース/ディレクションで活動中。主な使用機材はソニーα9/α7RIII/α6500。 Sony Imaging PRO SUPPORT所属。

FíRIN 20mm F2 FE AF


定評のあるFiRIN 20mm F2 FE MFの設計思想を受け継ぎ、オートフォーカスに完全対応されたソニーEマウント(フルサイズ)用広角単焦点レンズ。AF対応・大口径F2.0でありながら、高解像とコンパクト性を両立させ、距離情報の連動によるボディ内手ブレ補正にも対応し、日常を切り取るスナップから旅行、風景撮影、ポートレート撮影まであらゆるシーンで使いやすい性能を実現しています。同梱の花形フード(BH-623)以外に、別売の角型フード(FiRIN 20mm MFに同梱・BH-622)にも対応、用途によって使い分けることが可能です。

FíRIN 20mm F2 FE MF


ケンコー・トキナー初のソニーフルサイズEマウント(FE)対応レンズ。大口径F2.0の素直なボケと、広角20mmの歪みのない自然なパース感、レンズ周辺までしっかり解像される描写など、日常を切り取るスナップから風景撮影まで様々なシーンで活躍できる広角単焦点レンズです。電子接点付きで、MFアシスト(ピント拡大表示)や距離連動(手ブレ補正対応)、絞り値の表示など、ソニーα(Eマウントシリーズ)での使用に特化されているため、マニュアルフォーカスが苦手な方でも気軽に楽しめます。