馬場亮太の感動表現|速報/FiRIN 20mm F2 FE AFで撮る東京スナップ1。


◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:800


ついに来たる4/20にTokina FiRIN 20mm F2 FE AF(以下、FiRIN AF)が発売されました。大口径F2.0・高解像力を持ちながら、FiRIN 20mm F2 FE MF(以下、FiRIN MF)と変わらないコンパクトで軽量なサイズ、ソニーαのEマウントに完全対応したAFを備えたスペックは日常スナップを愛する身としては嬉しい限り。期待を胸に、さっそく新しいレンズと東京の街に出かけてスナップ撮影に出かけてみました。

​​​​​​​


◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/1600秒 ISO感度:3200

新宿駅にて。FiRIN AFには花形で逆さ付けも可能なタイプのレンズフードが同梱されたが、FiRIN MF同梱の角型フードも装着が可能。気分や用途によって使い分けが可能だが、このカットのように車窓から撮る場合、ガラスの映り込みを消すのには角型フードが有効だ。2つのフードが使い分けられる設計、これはありがたい!


◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/5秒 ISO感度:100

新宿小田急のオレンジの壁にて。FiRIN MFと同じく距離情報の連動によるボディ内手ブレ補正もしっかり効いて、1/5秒の低速でも全く不安がない。街中のスナップ撮影には大いなる武器になる。

◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/1600秒 ISO感度:100

バス停前の路上に落ちていた葉の中に花一輪。撮って!と言わんばかりに、しっかり上を向いていたので真俯瞰から撮ってあげた。開放F2.0が描く立体感は相変わらず素晴らしい。


◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/6400秒 ISO感度:100

羽田空港国際ターミナルの展望デッキにて。望遠レンズを滑走路に向けるカメラ同志を横目にこちらは広角単焦点20mmらしい画を狙ってみた。溶けすぎない素直なボケで背景を描く描写、FiRIN 20mmの良さはAFになっても変わらない。


◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:100

羽田空港国際ターミナル4Fの江戸小路にて。このフロアは日本らしい演出が随所に飾られているが、提灯は特にわかりやすい演出の一つ。こちらも開放F2.0で。


◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:125

羽田空港国際ターミナルに展示されていた鯉のぼり。高い天井に向かって何匹もの鯉が昇る姿は圧巻な演出で、多くの外国人の方々もカメラを向けていた。本来の鯉のぼりの飾り方とは違うのにはとりあえず目をつぶっておきますが。


◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:100

銀座の路上をゆっくり歩く僧侶の後ろ姿を開放F2.0で撮影。ウェストレベルから少し上方にレンズを向けて構えてAF-Cで撮影したが、しっかり背中にピントが合焦してくれた。壁の青と黄色い服のコントラストが狙い通りに描けた1枚。


◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/1600秒 ISO感度:100

銀座の四丁目交差点から臨む銀座和光と青い空。天気が良い、手の中には最新の広角レンズ。なら広い空を入れて撮りたくなるってもんでしょう。


◎SONY α7III(ILCE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:500

ケンコー・トキナーのチーフデモンストレーター、田原栄一氏で瞳AFのテスト撮影。もちろんばっちり瞳にフォーカスが来る。シャープ感も良好。スタジオポートレートなどの仕事でも使える性能だと確信!


ついに発売されたAFのFiRIN 20mm。FiRIN MFと同じくコンパクトなサイズを維持しながら高速なAFを搭載したのには本当に頭が下がる。毎日持ち歩けるサイズは街中スナップには重要なことだから。人が多い街中でサッとカメラを構えてアクティブに撮りたい場合にもAFがあるのはとてもありがたい。とは言え、「写真を撮る」という昔からの伝統的スタイル、足を止めてじっくり構図を作りながらピントと絞りを合わせるFiRIN MFもやはり捨てがたい(というか既に身体に染みついてしまった)。
さて、手元にそろった2本のFiRIN。MF/AFを様々なシーンで使い分けていきたいと思う。ではまた次回に。

◎SONY α7α7RIII(ILCE-7MR3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:30mm(+トリミング) 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:100

馬場 亮太(ばばりょうた)

馬場 亮太(ばばりょうた)

1973年東京都中野区生まれ、中野区在住。 デジタルコンテンツ制作会社にて企画・デザイン、ブライダルフォトスタジオでのカメラマンなどを経て、広告制作会社でのプロデュース、企画、アートディレクション、撮影等を経験後、2013年よりフォトグラファーとして独立。主に広告/カタログ/イベント/取材などのスチール撮影、アーティストのスチール/PV撮影、広告/Web/社内研修用映像等のプロデュース/ディレクションで活動中。主な使用機材はソニーα9/α7RIII/α6500。 Sony Imaging PRO SUPPORT所属。

FíRIN 20mm F2 FE AF


定評のあるFiRIN 20mm F2 FE MFの設計思想を受け継ぎ、オートフォーカスに完全対応されたソニーEマウント(フルサイズ)用広角単焦点レンズ。AF対応・大口径F2.0でありながら、高解像とコンパクト性を両立させ、距離情報の連動によるボディ内手ブレ補正にも対応し、日常を切り取るスナップから旅行、風景撮影、ポートレート撮影まであらゆるシーンで使いやすい性能を実現しています。同梱の花形フード(BH-623)以外に、別売の角型フード(FiRIN 20mm MFに同梱・BH-622)にも対応、用途によって使い分けることが可能です。

FíRIN 20mm F2 FE MF


ケンコー・トキナー初のソニーフルサイズEマウント(FE)対応レンズ。大口径F2.0の素直なボケと、広角20mmの歪みのない自然なパース感、レンズ周辺までしっかり解像される描写など、日常を切り取るスナップから風景撮影まで様々なシーンで活躍できる広角単焦点レンズです。電子接点付きで、MFアシスト(ピント拡大表示)や距離連動(手ブレ補正対応)、絞り値の表示など、ソニーα(Eマウントシリーズ)での使用に特化されているため、マニュアルフォーカスが苦手な方でも気軽に楽しめます。