馬場亮太の感動表現|FiRIN 20mm+新しいEマウントカメラ、α7IIIで切り取る春の日常。


◎SONY α7III(ICLE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:100


3月23日、新しい季節の訪れと共に発売されたソニーαの最新機種α7III(ILCE-7M3)。フルサイズミラーレスをより身近な存在にするベーシックモデルとして、恐らく多くの方々が注目されていると思うのが、今回は早速α7IIIbにTokina FiRIN 20mm F2 FE MFを付けて、春の訪れた街中でスナップを切ってみた。新しいカメラの相棒のレンズとして参考になればこれ幸い。なもんで、今回はキャプションよりも写真多めでいきます。


◎SONY α7III(ICLE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:20mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:100


中野にて。中野通りは桜の名所として有名でこの日はほぼ満開だったが、このレンガ調のビルも有名。そう、ケンコー・トキナーの本社!お世話になっております。2Fのショップやギャラリーなどお気軽に足を運んでみてください。



◎SONY α7III(ICLE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:20mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:3200



◎SONY α7III(ICLE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:20mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:3200

中野で見上げて撮ったもの。1枚目は夜の桜、2枚目は中野サンプラザ前の広場にあるオブジェの真下に入って撮った。高感度で絞っても詳細な描写をしてくれるのは上位機種譲り、安心して使える。


◎SONY α7III(ICLE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:30mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/1600秒 ISO感度:100



◎SONY α7III(ICLE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:30mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/3200秒 ISO感度:100



◎SONY α7III(ICLE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:30mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:100

開放F2.0で撮った春の花、三連発。ソメイヨシノ以外は正直名前が分からないが、春を彩る花でも三者三様で面白い。FiRIN 20mmの特徴であるF2.0の大口径が活かせる構図を色々な被写体で試してみたいと思う。


◎SONY α7III(ICLE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:20mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:100



◎SONY α7III(ICLE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:30mm 絞り:F/3.2 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100


FiRIN 20mmはEマウントのαシリーズに特化されて作られただけに、コンパクトなボディと組み合わせた時のバランスが良い。広い引きの画も寄りの画も自分の足で作れるから、カメラの面白さをいつも教えてくれる。


◎SONY α7III(ICLE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:30mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/40秒 ISO感度:1600



◎SONY α7III(ICLE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100


直線で構成された構図で2点。一つは引きと寄り。1枚目の新宿駅で撮った引きの画はそれでもAPS-Cクロップで30mm相当で撮影したが、1000万画素あれば日常スナップには十分な解像度。2枚めは中野にある居酒屋の壁。開放F2.0のおかげで張り出した部分が浮かび上がるように立体的に写すことができた。


◎SONY α7III(ICLE-7M3)+FiRIN 20mm F2 FE MF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:100


地面に落ちた花びらもまた美しい。先日、桜や季節の花々を見ると若い人たちは「キレイだね~」と思うが、年を取ると「あと何回見られるのかな...。」と思うようになる、という話を聞いた。確かに季節を感じることができるのも健康で新しい年を迎えられるからであり、これからのことを少し考えてしまった。あと何回シャッターを切られるかわからないけど、また明日もFiRINとともに街に出よう。新たにα7IIIを手に入れたユーザーの方もFiRIN 20mm F2 FE MF、どうぞご検討ください。(AFも出るよ!)

馬場 亮太(ばばりょうた)

馬場 亮太(ばばりょうた)

1973年東京都中野区生まれ、中野区在住。 デジタルコンテンツ制作会社にて企画・デザイン、ブライダルフォトスタジオでのカメラマンなどを経て、広告制作会社でのプロデュース、企画、アートディレクション、撮影等を経験後、2013年よりフォトグラファーとして独立。主に広告/カタログ/イベント/取材などのスチール撮影、アーティストのスチール/PV撮影、広告/Web/社内研修用映像等のプロデュース/ディレクションで活動中。主な使用機材はソニーα9/α7RIII/α6500。 Sony Imaging PRO SUPPORT所属。

FíRIN 20mm F2 FE MF


ケンコー・トキナー初のソニーフルサイズEマウント(FE)対応レンズ。大口径F2.0の素直なボケと、広角20mmの歪みのない自然なパース感、レンズ周辺までしっかり解像される描写など、日常を切り取るスナップから風景撮影まで様々なシーンで活躍できる広角単焦点レンズです。電子接点付きで、MFアシスト(ピント拡大表示)や距離連動(手ブレ補正対応)、絞り値の表示など、ソニーα(Eマウントシリーズ)での使用に特化されているため、マニュアルフォーカスが苦手な方でも気軽に楽しめます。

この内容で送信します。よろしいですか?