馬場亮太の感動表現|FiRIN 20mm+α7RIIIで切り取る東京の日常2/秋葉原。

◎SONY α7RIII(ICLE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE MF

焦点距離:20mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:250

 

今回は東京の中でも特に特徴的で個性的な街、秋葉原をスナップ撮影の場所に選んでみた。PCからカメラまで、昔から色々世話になった(なっている)個人的に好きな街、秋葉原。平日の早い時間に訪れたせいなのか、寒風の中に立つメイドの姿も見かけず、一時期の爆買いブームの頃のような賑わいを見かけることはなかったが、それでも観光バスから海外の観光客が降りてくる姿をそれなり見かけた。


◎SONY α7RIII(ICLE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE MF

焦点距離:20mm 絞り:F/16 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:800

総武線の鉄橋と、下にある横断歩道で信号待ちをする人々。秋葉原らしい特徴的な画と、パースを強調できる画が撮れるので好きな場所だ。


◎SONY α7RIII(ICLE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE MF

焦点距離:30mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:3200

ガード下の各種電気部品が並ぶアーケード。電気街・秋葉原らしい姿を残している場所で、多くの外国人観光客も訪れている。ただスルーするだけで何も買っていないのかもしれないが。前回から使っているAPS-Cクロップで、30mm相当の画角で。


◎SONY α7RIII(ICLE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE MF

焦点距離:20mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:500

一時期、色々なことで話題になっていた例のカート。どうやら相変わらず外国人観光客に人気らしいが、この日に見かけたのは3台のみ。もはや秋葉原の日常のシーンなので、写真を撮るどころか振り返る人もほとんどいない。


◎SONY α7RIII(ICLE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE MF

焦点距離:20mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:200

2020年東京オリンピックに向けて、という名目でどこの駅も改築や改良工事を行っているが、秋葉原も例に漏れず工事中の箇所が多い。スナップで切り取るには工事現場の雰囲気は好きなのだが、本当に完成するのか不安になるのも確か。


◎SONY α7RIII(ICLE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE MF

焦点距離:30mm 絞り:F/2.0 シャッタースピード:1/2000秒 ISO感度:100

日本人にとっては珍しくもない、印章タワー?(正式名称は不明)だが、恐らく印鑑の文化がない外国の方々には珍しいのだろうと思い一枚。開放でも苗字の数々をシャープに撮ることができた。普段なら抜けにメイドさんが立っているのだが、この時間帯はまだいなかった。これも画角は30mm。


◎SONY α7RIII(ICLE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE MF

焦点距離:20mm 絞り:F/13 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:800

万世橋から望む旧万世橋駅。レンガのアーチと川の反射が美しく、広角レンズで撮るにはお勧めの場所。電車が写ってればなお良かった、と気づいたのはPCの前。やっぱりスナップは時間と心に余裕を持って撮るべきなんでしょうね。。


◎SONY α7RIII(ICLE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE MF

焦点距離:30mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/8秒 ISO感度:3200

旧万世橋ホームの目の前を走る中央線。長い間放置されていた旧万世橋駅を改築して、カフェが出来ていたのは以前から知っていたが訪れたのは今回がはじめてで、楽しみにしながら来てみたが、新しく小奇麗なつくりのホームから見る中央線は中野で見るのとあまり変わらず。もう少し歴史的な雰囲気が残してくれれば良かったのに…。


大した移動範囲でもないのに、シャッターを切る回数が増えてしまうのは秋葉原が面白い街だからなのだろう。なんだかんだで月に2・3度、いや週1ペースで訪れている私にとっては日常の街だったりするのだが、いつ訪れても観光気分にさせてくれるのが秋葉原。メモリカードの容量が足りなくなったら現地調達も可能だし。
というわけで、まだ撮りためたスナップがあるので次回も秋葉原界隈で撮ったものをお届けする予定です。

 ◎SONY α7RIII(ICLE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE MF

焦点距離:20mm 絞り:F/10 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:400

馬場 亮太(ばばりょうた)

馬場 亮太(ばばりょうた)

1973年東京都中野区生まれ、中野区在住。 デジタルコンテンツ制作会社にて企画・デザイン、ブライダルフォトスタジオでのカメラマンなどを経て、広告制作会社でのプロデュース、企画、アートディレクション、撮影等を経験後、2013年よりフォトグラファーとして独立。主に広告/カタログ/イベント/取材などのスチール撮影、アーティストのスチール/PV撮影、広告/Web/社内研修用映像等のプロデュース/ディレクションで活動中。主な使用機材はソニーα9/α7RIII/α6500。 Sony Imaging PRO SUPPORT所属。

FíRIN 20mm F2 FE MF


ケンコー・トキナー初のソニーフルサイズEマウント(FE)対応レンズ。大口径F2.0の素直なボケと、広角20mmの歪みのない自然なパース感、レンズ周辺までしっかり解像される描写など、日常を切り取るスナップから風景撮影まで様々なシーンで活躍できる広角単焦点レンズです。電子接点付きで、MFアシスト(ピント拡大表示)や距離連動(手ブレ補正対応)、絞り値の表示など、ソニーα(Eマウントシリーズ)での使用に特化されているため、マニュアルフォーカスが苦手な方でも気軽に楽しめます。

この内容で送信します。よろしいですか?