伊藤宏美の感動表現|広角レンズでSLを撮る

私は、トキナーAT-X 14-20 F2 PRO DXレンズに出会い、広角を生かして、広い風景の中を走る鉄道を撮影したくなり、

5月の上旬に遅咲きの桜がまだ残っているといいなあと、福島県~新潟県へ撮影に行くことに決めました。

今年は5月の上旬でも、遅咲きの桜はまだ綺麗に残っていたので、満開の桜の木の下を走るSLを狙うことができました。

 

注意したいのは、広角にした時のSLの大きさです。SLが来る前に、車両の長さ、大きさを考えて構図を決め、線路に置きピンをするのですが、

置きピンをマニュアルで合わせるのに、このレンズのワンタッチフォーカスクラッチ機構は非常に使いやすく便利です。

また、桜にもある程度ピントが欲しいので、F8に絞込み被写界深度を深くしました。

撮影してみると、超広角にもかかわらず、画面の端の桜もSLもゆがみ無く撮影できました。

 

翌朝は、近くの只見線に足を伸ばしてみると、こちらも、桜は残っていました。

桜と線路の距離はあったのですが、広角レンズなので、F8の絞りで十分な被写界深度が得られました。

朝の光で撮影したのですが、このレンズは、青空の諧調も綺麗に表現してくれました。

 

別の日に、このレンズを持って、夜汽車の撮影も試してみましたが、ズームレンズにもかかわらず、単焦点並みの高い描写性能を発揮し、

車体に写りこんだ光もぼやけることなく美しく表現できました。

 

 

①磐越西線 SLにピントを合わせ、できるだけ桜を画面いっぱいになるように工夫

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX

 焦点距離:20mm 絞り:F/8  シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:640 

 

②只見線 早朝、桜に陽が当たっていたので、桜にピントをあわせました。

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX

 焦点距離:17mm 絞り:F/8  シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:400 

 

③SL YOGISHA 停車駅からの発車

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX

 焦点距離:20mm 絞り:F/5.6  シャッタースピード:1/30秒 ISO感度:8000

 

伊藤宏美(いとうひろみ)

伊藤宏美(いとうひろみ)

プロフィール 東京都出身。旅行会社の撮影ツアーの写真講師。その場所に行ってみたくなるような鉄道写真を撮るために全国をめぐる。各地の名物、駅弁を食べて撮るのも楽しみな食いしん坊。日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター

Tokina AT-X 14-20 F2 PRO DX


使ってみたら、解像度とシャープネスが、単焦点レンズ並みで、抜群!
画面の端まで描写が素晴らしいレンズ。

この内容で送信します。よろしいですか?